収納ハッピーライフ

毎日を楽しみながら収納上手を目指すブログです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

調味料の収納  

先日、ブログで紹介した棚に調味料を置いています。
この棚の一部は、ブログ内「豆のある台所」にも写真を載せてあります。
少し内容が重複しますので、ご了承ください。
029_convert_20090117160314.jpg
032_convert_20090117161228.jpg
★上の段には、緑が欲しかったのでポトスです。白い鉢は実は花瓶です。
★1段めは塩、こしょう、粗挽き黒こしょう、クレイジーソルト。
塩、こしょう入れは、S&Bのビンのラベルを剥がした物です。
安いのに機能的で気に入っています。
クレイジーソルトは店頭ではイタリアンなデザインの紙パッケージなので、
無印良品の調味料入れに入れ替えました。
★2段目は白砂糖、きび砂糖、お麩。
★3段目の調味料ケースの上から塩(海の精)、粗塩(伯方の塩)、甜菜糖。
オーガニックオリーブオイル。
オイルは、色つきのビンに入っている方が痛みにくいと聞いたので、先日買ってきました。
マクロビオティックに興味があるので、白砂糖はほとんど使わずに
甜菜糖という砂糖大根(ビート)からできたものを毎日の料理に使っています。
025_convert_20090117160018.jpg
↑一番よく使う調味料は3段プラスチックの調味料入れに入っています。
昔からよくあるタイプの調味料入れです。
デザインとしては普通すぎますね。プラスチックなのも、ちょっと残念です。
でも私にとっては、とても使いやすいです。料理の最中に片手で開けられるので、便利です。
008_convert_20090118214214.jpg
↑冷蔵庫内の調味料です。 「冷蔵庫収納」 でも紹介しています。
これは100均の取手付きタッパーです。ワカメ、かつお節、鰹パックだし。
少し大きめのタッパーには干し椎茸、昆布、小麦粉、全粒粉小麦粉などが入っています。
醤油、酢、料理酒、みりん等の調味料類は酸化を防ぐために、冷蔵庫に入れてあります。
詳しくは「冷蔵庫収納」をご覧ください。
013_convert_20090117170339.jpg
↑私の持っているKING JIM ラベルライター テプラPro SR720は、シールを剥がしやすいように持ち手部分も自動的に作ります。機械の繊細な仕事!!です。
角丸自動カッターもついています。
角を丸くする理由は剥がれにくい&見た目が美しいからです。

↓↓ブログランキングに参加しています。
クリックいただくと投票になります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
スポンサーサイト

category: キッチン

thread: キッチン雑貨 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 3

キッチン小窓の棚の制作  

DIYの話です。
キッチンの小窓に棚を制作しました。
これは私のMYノコギリ(MY箸のノリで!)です。
KAKURI スーパー技工 本体 塩ビ アクリル用 プラケース入
女性でも使いやすいノコギリです。オススメです。
我が家のキッチンは狭いので、小窓のスペースを生かして棚を作りたかったのです。
短大の時、授業で工芸があったのでノコギリ等の工具が使えます。
あと、私の父がDIYで色々な物を作るので、その影響で私も作ります。
このような棚は簡単なので、初心者でも作れると思います。
材料費は2千円以内でできました。
005_convert_20090117160357.jpg
↓このような細長い窓です。
021_convert_20090117155255.jpg
↓完成した棚がこれです。固定していないので、掃除したい時に外せます。
030_convert_20090117231045.jpg
この棚の最大のポイントは、棚を置いても窓が開くことです!

カギの位置の関係で、1センチの幅の板で作らなければダメでした。
しかも、1センチ以下だと強度が弱くなってしまいます。
窓の木枠の奥行きが9センチです。
これよりも小さくても安定が悪いし、大きいと枠から出てしまいます。
運がいいことに、ホームセンターのセキチューで1×9×60センチの
ホワイトアッシュという板を見つけました。
縦板は、その60センチをそのまま生かしました。
サイズを測ったら横板の長さは25.7センチです。
ホームセンターの板のカットサービスは1センチ単位なので、
自分で切ることにしました。
組み立て方法は、隠し釘と木工用ボンドです。
↓カギの開け閉めを妨げないような横板の配置にしました。
023_convert_20090117155405.jpg
↓調味料入れを置いても、窓を開けるレバーが回ります。換気できます。
024_convert_20090117155446.jpg
↓調味料が落ちないように1×0.5センチの檜の棒を使って滑り止めを作りました。
木工用ボンドで貼り付けました。そのあと、棒ヤスリで面取りをしました。
角張った木材に触れた時、けがをしないようにするためです。
見た目もソフトで美しくなります。全体にも紙ヤスリでヤスリをかけました。
028_convert_20090117155548.jpg
まだ、未塗装です。オイル塗装かニス塗装にして、木目を生かそうと思います。
コンロの横なので油の飛び散りが心配です。未塗装だと、そのまま染みこみそうです。
春になったら塗装しようと思います♪

↓↓ブログランキングに参加しています。
クリックいただくと投票になります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 インテリアブログへ

category: DIY

thread: 雑貨・インテリアの紹介 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。